スクリーン印刷部門

TOP  > 事業案内  > スクリーン印刷部門

スクリーン印刷部門

スクリーン印刷って何?

スクリーン印刷とは、孔版印刷の一種で版に絹(現在は、テトロン、ナイロン等の化学繊維)のスクリーンを利用するものです。現在では、単にスクリーン印刷といわれることが多いようです。 孔版印刷とは、版にインクを付けて印刷するのではなく、版自体に穴をあけそこからインクを擦りつける印刷方式です。 スクリーン印刷では、絹・ナイロン・テトロンなどの繊維で織ったスクリーンの目を利用します。

どういう仕組みなの?

まず、スクリーンを枠に張り、四方を引っ張り緊張させて固定し、その上に光工学的(写真的)方法で版膜(レジスト)を作って必要な画線以外の目を塞ぎ版を作ります。 次に、枠内に印刷インクを入れ、スキージと呼ぶヘラ状のゴム板でスクリーンの内面を加圧・移動します。するとインクは版膜のない部分のスクリーンの目を透過して版の下に置かれた被印刷物面に押し出されて印刷が行われる、という仕組みです。 スクリーン印刷はスクリーンの目をうまく利用した孔版印刷の一種です。 印刷工程と現場の紹介へ

どのような素材に印刷できるの?

ガラス、プラスチック、合成樹脂、金属、布等、ほとんどどのような素材にも印刷ができるので紙以外に印刷する必要がある場合によく利用されています。もちろん紙に印刷することも出来ます。 また、平面ばかりじゃなく 瓶やコップのような円筒形円錐形・曲面にも印刷できるのが大きな特徴です。 孔版印刷に分類できるものとしては他に、謄写版印刷や友禅・小紋の絵付きに用いられる型紙捺染などがあります。 また、ガリ版も孔版印刷です。最近では「プリントごっこ」のような家庭用簡易印刷機が有名ですが、これも孔版印刷の原理を利用した一種のスクリーン印刷といえます。

平面プラスチックプレートのスクリーン印刷が得意です!

弊社では平面のプラスチック素材(プレート)、樹脂製シール素材、金属板、一部布生地へのスクリーン印刷を行っております。中でも、プラスチックプレートへの印刷実績が最も多く、インクメーカーとの共同開発による高品位な2液タイプの耐候性ウレタンインクを使用した艶のある美しい仕上がりは、全国のお客様から大変高い評価をいただいております。

印刷看板は枚数が多いほどお得です。

スクリーン印刷は前述のとおり製版を伴う印刷方式のため、ひとつの版で多くの枚数を印刷するほうがコストがお安くなります。文化社では、印刷数量を多くすることで格安にご提供できるような仕組みづくりをし、製品を全国の皆様にご愛用いただいております。

加盟団体・組合について

全日本スクリーン・デジタル印刷協同組合ロゴ

看板・のぼり旗のことなら文化社へ お問い合わせは TEL 058-247-0414

ページの先頭へ